先輩からのメッセージ

プロフィール

中西 勇太(なかにし ゆうた)

新潟工科大学卒業、2011年入社。製造部 車両組立課所属。
(第58次南極地域観測越冬隊員)

− 入社を決めた理由を教えてください
中西地元であり、この会社でしか作っていないから
入社を決めた理由は、地元の会社であること。もう一つは、日本でいち早く雪上車の製造を手掛けたメーカーであることです。まず地元で就職がしたかったので、地元中心に探していました。その中で、この大原鉄工所に興味を持ちました。日本の中で、ここだけでしか携われない仕事がある。他ではやってない仕事をしたい。これが入社を決めた理由です。
− 現在の仕事内容を教えてください
中西私は現在入社して3年目です。仕事は組立をしているのですが、組立といっても、部品単体を組む作業やハーネス(電気配線)製作。これらをすべて組み上げていく総組と小さい所から大きい所まで幅広い作業になります。3年目の現在は電気関係の仕事が多くを占めています。まだまだ複雑なものになると難しい点は多々あるんですが、少しずつこなしていけるよう努力している日々です。
− 仕事のやりがいは?
中西組み上がり
仕事のやりがいは、1つひとつの部品だったものが、1つの車として動き出す。この時など仕事にやりがいを感じますね。私は、雪上車・ゲレンデ圧雪車の組立作業に従事しているのですが、部品1点組む所から始まり、最終的には、部品の塊となり1両の車両として動き出します。間違いがあれば、当然正しく動かないので、ちゃんと動いているのを確認した時にやりがいというよりもほっとする気持ちのほうが強いのかもしれないですが、やりがいのある瞬間ですね。
− どんなときに成長を実感しますか?
中西わからなかったところが…
組立には手順、組み方など覚えることがたくさんあるわけですけれども、当然初めてのものは、まったくわかりませんでした。先輩の方たちから教えてもらいながら一緒に仕事をするのですが、やはり聞き返してばかりでした。でもそんな聞き返してばかりだったところを聞かずに組めるようになった時など「成長したな」と、まだまだ微々たるものですが、多少なりともそう感じることはありますね。
− オフタイムの過ごし方は?
中西車とサッカー
休みの日は、自分の愛車いじりと、サッカー観戦ですね。車の洗車から始まり、好きなカスタマイズなど、好き勝手なことをしています(笑)。
サッカーはアルビレックス新潟の試合ですね。ホームゲームなら毎試合スタジアムに足を運びますし、アウェイゲームなら、アウェイにも行くこともありますが、まあほとんどテレビでって形で観戦しています。ぜひ皆さんもスタジアムに観戦に来てください(笑)!
とりあえず言えることは、働くなかでこういう自分のオフの過ごし方というのは非常に大切だと思うので、皆さんも没頭できる趣味もおろそかにしない方がいいかもしれないですね。こういう趣味を持っているのも一つの強みになるかもしれません。

他の先輩からのメッセージを見る