先輩からのメッセージ

プロフィール

丸山 泰明(まるやま やすあき)

長岡工業高等専門学校卒業、2005年入社。技術部 環境エンジニアリング3課所属。

− 入社を決めた理由を教えてください
丸山流動的で常に新しいことにチャレンジする姿勢
就職活動時は雪上車などの車両関係一色のイメージだったのですが、実際に説明会に参加してみると下水やリサイクルなどの環境関係にも力を入れていることがわかり、新しい分野にもどんどんチャレンジしていく姿勢に強く惹かれました。
私自身、同じことの繰り返しよりも新しいことをやる方が好きな性分ゆえ、とてもやりがいを感じますし、入社の決め手になったと感じています。
そのような考えの方にはとても合った職ではないかと思います。
− 現在の仕事内容を教えてください
丸山市場調査からアフターフォローまで
主な業務は新製品の開発ですが、その具体的な内容としては市場調査や実証試験、製品化まで多岐にわたっています。また、製品開発後は顧客訪問や展示会などで実際に商品説明を行うこともあります。設備稼働後には顧客を定期的に訪問し、ニーズをくみ取って新製品開発に生かせるよう心掛けています。
開発製品の分野は従来の取扱製品の分野・種類にとらわれず、幅広い視点をもって取り組んでおり、現在はエネルギー関係の機械・電気部門における製品開発を手掛けています。
− 仕事のやりがいは?
丸山ものづくりをしたという実感
製品開発部門ゆえにやはりプロジェクトを一から立ち上げ、そこからお客様の手に渡るまでの長い時間を要しますが、それらを経て機械が稼働したときの感動は他に代えることはできません。また、開発した製品が日々自分たちの生活を支えていること、すなわち社会に貢献していることを実感もできるシーンも多々あります。そのようなことを日々感じられることがとても嬉しく、また、常に高いモチベーションを保つことができる理由だと思っています。
− どんなときに成長を実感しますか?
丸山あの機械ならあいつに聞けと言われたとき
製品開発を終え、顧客のもとに納入された機械のアフターメンテナンス等を行う部門があるのですが、自分の開発した製品についてその担当者が「あの機械のことならあいつに聞け」と言ってくれるようになりました。初めて言われたときは身の引き締まる思いでしたが、自分の強みとなるものができたと成長を実感することができました。現在は聞かれて答えられないことが無いよう、過去の不具合事例を振り返ったり、改めて仕様を見直したりと日々勉強に励むよう心掛けています。

他の先輩からのメッセージを見る